検索上位からの圏外回避にはGoogleのコンセプトを理解するのが近道

SEO対策・集客
スポンサーリンク

Google の検索結果の上位に出ないようにすることは可能ですか?

analytics1 SEO対策・集客

Googleアルゴリズムのアップデートが行われることを恐れていませんか?


更新が行われるたびに検索順位が下がったり、サイトのトラフィックが傾いたりするのは避けたいと思いませんか?


結論から言うと、Googleのアルゴリズムを解明しようとしても、これらの不安から逃れることはでき
ないということです。


Googleは常にアルゴリズムを変更しているので、24時間後には違ったものになっているでしょう。

また、アルゴリズムの隙間を突いて自分のサイトを無理やり上位表示させようとする行為はブラックハットSEOであり、すぐにペナルティを受けることになります。

Googleのアルゴリズム更新による急激な順位低下を回避するために必要なことは、Googleがアルゴリズム改善のために何をしているのかを知ることです。


それならば、その方向できちんとサイトを運営していく必要があります。サイトを持っているのであれば、SEOを利用して少しでも多くの集客をすることができます。


更新を繰り返すたびに、検索エンジンでのコンテンツの順位が上がる

つまり、検索者にとって有益なサイトにすることを目的としており、それに反することは一切していません。

お伝えする内容はSEOで結果を出すためのガイドラインになるはずなので、ぜひ最後まで読んでみてください。


スポンサーリンク

Googleのランキングシステムはユーザーファースト

business747 SEO対策・集客

Googleのアルゴリズムの話をするときに、すべてのサイトオーナーが絶対に理解しておくべきことがいくつかあります。

Googleに評価されるためには、SEOはユーザーファーストでWebサイトのコンテンツを作ることです。

1998年からグーグルはサービスを開始しました。

その後、検索エンジンの発展においてユーザーを第一に考えることをポリシーとしています。

ユーザーにフォーカスすれば、他のことはすべて後からついてくる。

Googleの10の事実

Googleが最も重視しているのは、ユーザーにとって関連性のある検索結果の表示です。




つまり、検索結果の上位に必要な要素として、ユーザーに価値を提供するコンテンツを作成する必要があります。


SEOを行う際には、検索結果の上位表示の前に、ユーザー目線でサイトやコンテンツを作成しているかどうかを確認しましょう。

スポンサーリンク

Googleは検索アルゴリズムの改善を進めている

business777 SEO対策・集客

実際には、世界中に何千人もの人たちがテストを行い、そこから導き出されたデータに基づいてアルゴリズムを改善するという厳格なプロセスを踏んでいます。


具体的には、以下のようなプロセスに従って年間60万回以上のテストを行い、改善を行っているそうです。(参考詳細な精査)

  • 検索クオリティ評価者によるテスト
  • 比較テスト
  • ライブトラフィックテスト
  • 公開

外部評価者による品質検査

まずはGoogleが提携している外部の検索品質評価者によるテストです。



このテストにおける評価基準は検索品質評価ガイドラインです。


これらのガイドラインに従って、検索者が探している情報を適切な方法で得ているかどうかを継続的に評価しています。

そして、その品質は、プロフェッショナリズム、信頼性、権威性のいわゆるE-A-Tで判断されます。

検証テスト

比較テストとは、2 つの異なる検索結果を評価者に見せることで、より良い検索結果を探ることです。



このテストを通じて、どちらが好ましいかを判断し、検索品質評価者になぜ好ましいのかを尋ねることで、検索の改善に役立てることができます。

一部のユーザーとの事前テスト

ライブ・トラフィック・テストとは、機能を完全に公開する前に、実際のユーザーのサブセットに試験的に機能を提供することです。



その後、ユーザーがその機能をどのように使用しているかを確認し、改善のためにそれを使用することができます。



このテストを繰り返すことで蓄積された十分なデータをもとに、さらなる比較テストを実施します。


比較テストの結果から抽出したユーザー行動の様々な指標をもとに、新機能を追加するかどうかの判断を行います。



新機能を組み込むことで、ライブ・トラフィック・テストを通じてプラスの結果が得られるかどうかを評価します。

実際にWebに公開する

ここまで何度もテストを繰り返した後、Google の経験豊富なエンジニアやSEOアナリスト、プライバシーに特化した専門家が一つ一つ結果を確認しています。

テストのデータを見直し、実際にユーザーにとってより便利になることが明らかな場合にのみ公開してください。

これまでのGoogleの改善された検索アルゴリズムの流れです。



いずれにしても、厳しいプロセスを経て「ユーザーに必要な情報を提供するために」改善が繰り返されていることを認識することが重要です。

サイト運営者は、この事実を見て見ぬふりをしてはいけません。

これは、サイト運営者が「ユーザーにとって価値のある情報」を提供しなければならないことを意味します。

良質で価値のあるコンテンツを作ることで、サイト運営者である私たちとGoogleの検索アルゴリズム改善プロセスは、最終的にユーザーに価値のある情報を提供できるようになります。

ここで説明した検索アルゴリズムの改良は、大小さまざまな形をとってきました。次のセクションでは、特に影響力のあったアルゴリズムの更新のリストを紹介します。

更新履歴を知り、今後の適切なサイト運営に役立てましょう。

Googleの検索結果が圏外にならないようにするための具体的な対策

リンクの設置

被リンクを設定し始めてから、下記のように認知度に応じて徐々に被リンク数が増えていることがわかります。

このように、<マーク>早い段階でリンクを設定して複数のサイトから参照されるようにすることで、Googleにあなたのコンテンツが重要だと認識されやすくなります。

リンクの重要性はどうでしょうか?

それについてグーグルは公式サイトで以下のように発表しています。

Google の検索が機能するのは、膨大な数のユーザーがウェブサイトに設置したリンクを、どのサイトのコンテンツが重要であるかを判断する基準として使用するからです。

*引用元: Googleの10の事実



つまり、SEO対策を進めながら被リンクを増やし、Googleに重要なコンテンツとして認識させることが重要なのです。

コンテンツを充実させる

競合上位ページの傾向を踏襲し、以下のように内容を見直しました。

  • コンテンツの再配置競合のトップページに表示されているコンテンツの順番を参考に、コンテンツの位置を上や下に移動して再配置しました。
  • コンテンツの拡大・削除競合上位ページに表示されているコンテンツや共通メニューを参考に、必要な情報を追加したり、不要な情報を削除したりしてコンテンツを調整しました。
    *検索結果ページ⇒最初に表示されるページの表示を統一し、検索ユーザーが必要とするコンテンツのみに絞った対策を行った結果、検索順位が大幅に上昇しました。
  • 似たようなページをそれぞれ独自のコンテンツで改善することで、良質なページを増やしつつ、サイト自体の質を向上させました。
  • コンテンツの薄いページの調整コンテンツの薄いページを書き換えたり削除したりすることで、サイト自体の品質を向上させながら、良質なページを増やしていきました。
  • リンク切れの改善リンク切れを見直し、リンク先のURLを適切なURLに改善することで、コンテンツの質を向上させます。
  • スマートフォンで使いやすいようにコンテンツを調整し、改行位置やメニュー表示を修正してユーザビリティを向上させる。

上記のように、コンテンツを充実させ、有益なページを増やしてサイトの質を高めつつ、SEO対策も進めていくことが重要です。

タイトルタグを見直す

タイトルは、検索エンジンやユーザーにページの内容を伝えるために非常に重要です。

ページの内容を正しく伝えるためには、内容を明確に伝えるタイトルをつける必要があります。

このため、ページと無関係な単語を含むことは避けてください。

漠然としたタイトルをつけるのもよくありません。

「1ページ目」や「株式会社〇〇のページ」など、ページの内容がイメージできないタイトルは、検索エンジンのページ理解の妨げになるだけでなく、ユーザーをクリックさせないようにしています。

同じサイトで同じタイトルを持たないことを目指しましょう。

同じサイト内でタイトルが重複していると、検索エンジンにページの内容を理解してもらうことが難しくなり、評価の低下につながる可能性があります。

こうなってくると、なかなか順位の向上が見られません。

もちろん、ユーザーが複数のタイトルを持つことも、「どのページが自分の探しているページなのか」という混乱を招く可能性があるため、好ましくありません。


与えなければならない似たようなタイトルのページが複数ある場合や、カバーしている内容のページが複数ある場合は、それらを1つのページにまとめることができます!

これらの対策をまずして圏外から脱出しましょう!

タイトルとURLをコピーしました