【初心者向け】JimdoのSEOが弱い?検索上位を狙える6つの設定

SEO対策
スポンサーリンク

JimdoはSEOが弱いのは本当?

サイト制作といえばwixやjimdoがお手軽で有名ですよね。


本当にSEOが弱く、SEO設定を最適化しても検索上位できないのでしょうか?


色々なサイトを見ていると確かにWordPressで作られたサイトよりも元のままだと検索上位される可能性は低いです。

というのもwordpressだとプラグインやテーマが充実しており導入しても簡単にSEO対策ができてしまうためです。

WordPressほどではなくても、jimdoやwixではSEO対策できる設定がありますのでそちらをしっかり対策することが大切です。


そうすることでちゃんとGoogleへインデックスされますので、サイト名で検索掛けても表示されなかったりすることはなくなります。



キーワード検索でも複数キーワードであったり、競合の少ないワードならば上位表示することも可能です。


今回はjimdoでできるSEO設定を紹介致します。(一部ビジネスプランでしか出来ない設定があります)

スポンサーリンク

JimdoでできるSEO対策設定

Googleサーチコンソール設定

jimdoでもグーグルサーチコンソールを使用することが可能です。



設定することで検索流入ワードやよく見られているページを分析できるためおすすめです。


検索ワードから後述するページの本文やページの概要へキーワードを追加することでより一層SEO力が高まります。

この際、xmlサイトマップも設定できるためサイト構造を上手く伝えるためにもサイトマップ登録しましょう。



ページタイトルの最適化

ページタイトルとはGoogleで検索されたときに表示されるタイトルのことです。

例をあげると「お問い合わせ」「事業紹介」などですね。

ブログなどではブログタイトルがページタイトルになります。

ページタイトルを設定する際にページによっては検索されたいキーワードを付けると良いでしょう。

SEO対策会社なら、「SEO対策のご紹介」「SEO対策について」などがいいですね。



ページ概要の詳細記述(SEO対策キーワード必須)

検索の表示際に、タイトルの下に書かれている文章がjimdoではページ概要にあたります。


ここにもグーグルサーチコンソールで分析したSEO対策のキーワードを追加すると良いでしょう。


また、それ以外にもSEOキーワードに関連した言葉を入れることで検索上位に表示されやすくなります。





見出しを整理してサイトを構造化

h1タグやh2タグなどが見出しと言われるものです。


見出しを使わないとpタグなどの文章に使うタグを使用することになります。


pタグで記述された文章は機械にとっては同じようなレベルの文章になるため、重要な単語は見出しタグで整形しましょう。

本文文章へSEOキーワード散りばめる

見出しタグにSEO対策のキーワードを追加することも大事ですが、もちろん文章にも追加していきます。


その際はSEO対策のキーワードの他に関連キーワードをいれることを強く意識して下さい。


関連キーワードをいれることでページ全体を見たときに、機械にとっても人にとってもわかりやすい文章になります。

画像の代替テキスト挿入

最後に画像へ代替テキストを入れるSEO対策です。


Googleの精度は上がっており、画像も認識判別できるようになっていますがやはりまだ画像によっては認識されにくいものがあります。


そういった際に画像へ代替テキストを入力しておくことで機械にとって画像の理解が進み、ページ全体やサイト全体で何のページか把握できるようになります。

スポンサーリンク

JimdoからWordPressへ乗り換えの際はご相談下さい!

以上が、jimdoでできるSEO対策設定でした!

まずは参考にjimdoでSEO対策を試してみていただければと思います。

ただ運用こそ少しむずかしいですが、WordPressでサイト運用したほうが確実に検索上位を狙えるため迷っている際はぜひご相談下さい!


サイト運用も含めて、サイト制作をサポート致しますm(_ _)m



タイトルとURLをコピーしました