【必要】wp multibyte patch プラグインの使い方・設定・機能解説

サーバー
スポンサーリンク

wp multibyte patchとは?

WordPressで日本語ファイルを使用するなら必要なプラグインです。

マルチバイト機能を拡張し不具合の累積的修正と強化をしてくれる、WordPress5系前でインストール時に初期導入されていたプラグインでもあります。


文字化け防止をしてくれる優秀なプラグインです。


スポンサーリンク

wp multibyte patchの機能

WordPressは英語で構築されているシステムなので基本英語で処理されるようになっております。

ひらがなや漢字等は少し特殊でマルチバイト文字として認識されます。

そのままだとよくある事象として文字化けが起きることがあります。



WordPress5系前で標準インストールでしたが、WordPress5系でもまだ日本語に対応できていないため、必須のプラグインですのでお間違えないようにして下さい。



スポンサーリンク

wp multibyte patchを不要だと切り捨てたらどうなる?

上記で書いたように日本語が含まれているものは文字化けしてしまいます。



よく不具合が起きる事象としては日本語でアップロードした画像が文字化けしてしまうことです。


通常使っている分には支障はないですが、移行した際など画像がうまく表示されないことがあります。


移行予定がなくとも、どこで影響するかわからないため入れておくのがベストでしょう。


wp multibyte patchのインストール・有効化

wp-multibyte-patch サーバー

ではwp multibyte patchを導入していきましょう!



検索しても見つからない際は、下記の公式サイトからダウンロードしてzipをアップロードして下さい。


wp multibyte patchの公式サイト

https%3A%2F%2Fja.wordpress サーバー
WP Multibyte Patch
WordPress 日本語版パッケージのためのマルチバイト機能の拡張。



wp multibyte patchの設定方法

wp-multibyte-patch-2 サーバー

wp multibyte patchは特に設定する項目はございません。



通常、プラグインをインストールすると設定などに表示されますがそこには表示されていません。



追加済みプラグインで有効化が確認できたら、設定・導入は完了です。



意外と忘れやすいプラグインでもあるので、初回作業で必ず導入しておきましょう。



タイトルとURLをコピーしました