【まとめ】WordPress 5.4アップデートでの変更点・不具合修正方法

スポンサーリンク
WordPress-5.4アップデートアップデート

2020/03/31にWordPress 5.4がリリースされました。

そこで改めてアップデートでの変更点と不具合修正を方法整理しました。

特筆すべきはブロックエディターGutenbergのアップデートですのでそこを詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

Gutenberg(グーテンベルグ)の変更点

ボタンの並列配置が可能に

84cdce8a4cc42ff490cad4176ea986d8-2 アップデート

ブロックごとにしかボタン配置できなかったものが並列配置できるようになりました。

ブロック要素で区切られるのって正直使いにくい…ですが地味に嬉しい機能です。

メモ帳・ノートアプリOnenoteみたいに自由に動かすことができるようになったら一番いいんですけどね。そうなるように待ちましょう。

ブロック構造の見える化

worpress-5.4-block アップデート

投稿画面の左下でブロック構造が見えるようになっています。

いまいち何に使うかわからないです…ブロック名がわかるため何か困った際に検索しやすいですね。

フルスクリーン表示がデフォルトに

c57e8c9e0bd5ce0d0102b9699591b6e2 アップデート

気が散らないようにフルスクリーン表示はありますが、今までは自分でちょこちょこ変えてました。

初回表示でフルスクリーン表示なのでヘビーユーザにはいいですね。

ソーシャルアイコンボタンが追加

95f2ec0810a87044f4cb0cd2f3736ece アップデート

ソーシャルアイコンボタンが追加されました。これは割と使える機能ですね。

ボタンをクリックするとメジャーどころのSNSが表示されて、他のSNSも追加することができます。

埋め込みブロックの強化(Tiktokなど)

3e6f3446f9c4a1e6f1f4abb30dafd274 アップデート

今流行のtiktokなどに対応した埋め込みブロックが追加されています。

ソーシャルアイコンボタンもそうですが、デフォルトでだんだんSNSに強くなってきてる感がありますね。

文字色の変更

fa5b1d39e2fd88e3fc12772ff8393849 アップデート
68304bad2697d510ce2e012516d3c546 アップデート

文字色が変更できるようになりました。

結構色々な種類があるため慣れれば使い勝手が良さそうですね。

テーマで独自のマーカー機能があるのでそちらを使うことが多いとは思いますが。

ブロックの編集・選択変更が可能に

5db02b66fe9fa50acbed52793c475803-1 アップデート

基本編集モードですが選択モードに変更することができます。

選択モードにしててもブロックをダブルクリックすると編集モードになります。

スポンサーリンク

WordPress 5.4での不具合修正方法

サーバー・ブラウザキャッシュを削除する

わりとよくあるのが役に立つけど、少し厄介なキャッシュ系です。

見るべき場所としてはブラウザのキャッシュとサーバーのキャッシュです。

プラグインによってはプラグインのキャッシュもあるため、管理画面からプラグインキャッシュなども削除しましょう。

キャッシュには有効期限を設定できますが、キャッシュが影響してそうなら一時的にキャッシュの有効期限を変更してみると良いでしょう。

プラグインを更新・停止する

WordPressをアップデートしてもプラグイン自体をアップデートしないと不具合がでる可能性があります。

ただ、プラグインのアップデートが追いついていないことも良くあるので、出来るものは停止して様子を見ることをおすすめします。

WordPress公式サイトで検索・質問する

WordPress公式サイトにはサポートフォーラムがあって結構有益な情報があります。

そこで「WordPress 5.4 不具合」や「WordPress 5.4 プラグイン名」で検索してみましょう。該当の情報がでてくる可能性があります。

わからない点は最終手段として質問することもおすすめします!

タイトルとURLをコピーしました