ココナラの販売手数料は高い?おひねりにも適用され消費税もかかる!

ココナラ使い方収益化
スポンサーリンク

ココナラの販売手数料一覧

トークルームごとの販売総額手数料率
1円〜5万円以下の金額部分25%(税別)
5万円超〜10万円以下の金額部分20%(税別)
10万円超〜50万円以下の金額部分15%(税別)
50万円を超える金額部分10%(税別)


ココナラの公式ホームページに手数料に関して詳細は書いています。


ココナラのサービスを販売するにあたって初期費用や月会費はかからないです。


ただ、販売手数料は段階的にかかるので簡単に覚えておきましょう。

プラチナランクのWebラボもココナラで会社員以上に売り上げています。


ただ、20%以上手数料はかかるのでそれなりに取られている感はあります。


km155678402912131212338 ココナラ使い方収益化
Webラボ

手数料は大事なので覚えておきましょう!


販売手数料は段階的にかかる

payment3 ココナラ使い方収益化

販売手数料は表の通り、段階的にかかってきます。


高く売れば手数料が安くなる!ってわけでもないですので注意しましょう。


多く売り上げてもそれなりに手数料で引かれることが分かると思います。

上記の例ですと、28,875円が手数料になります。


つまり、96,125円が売上金として計上されます。



販売手数料に加えて、10%消費税もかかる

販売手数料に関してさらに消費税が取られてしまいます。


つまり、25%の販売手数料だと25%×1.1=27.5%です。


10,000円売り上げたら、2,750円引かれるんですよね…これはかなり強烈です!



手数料も憎いですが、消費税もかなり憎いですよね…

おひねりにも手数料はかかります

ココナラでは金額の調整機能として、おひねり機能があります。


ようは追加支払いできる機能ですね。


先程の販売手数料はトークルームの販売手数料に関してかかってきます。


トークルームの販売総額とは下記の3つの合計です。

  • サービス価格
  • オプション価格
  • おひねり価格


つまり、おひねりにも手数料が取られてしまします。


実際におひねりとして払われているのに手数料が…

金額調整が主な使い方ですが実際に言葉のとおり、おひねりで支払ってくれるお客様もいらっしゃいます!


接客が良かったり、期待以上の対応してくれたときにいただけました。


ただ、かなり悲しいことにそこには手数料分引かれるんですよね…

スポンサーリンク

ランサーズやクラウドワークスとの手数料比較

ランサーズとクラウドワークスの手数料

  • 10万円以下 20%
  • 10万円超20万円以下 10%
  • 20万円超 5%

ココナラと比べると手数料は安めですね。


というよりも業界的に見るとココナラの手数料は高めのようです。

ココナラと同じようにランサーズとクラウドワークスでも段階的に手数料がかかります。


そう考えるとかなり2社はかなり良心的ですよね。

ココナラは販売手数料は高いけど集客はある

ココナラは販売手数料が高くて、出品者としては悩みのタネですよね。


ただ、ココナラにはそれなりに集客力があるので必ずしも悪いってわけではないですよ。


変にフォローするとアフィリエイト臭くなりますが、実際に活動しているのでその点はご安心下さい!


購入者に取っては全くデメリットはないので、Webラボにも是非気軽にご相談いただけると幸いです。



タイトルとURLをコピーしました