既出キーワードを回避すれば自然とブログアクセス/PVは増える話

スポンサーリンク

既出キーワードとは?

今回の既出キーワードとは検索時によく使用されるキーワードです。


例をあげると、グーグル検索時などに勝手に提案してくれるようなキーワード群を指します。


ブログで調べると「ブログ PV」「ブログ アクセス」などはよく調べられる関連キーワードです。


こういったものを既出キーワードと読んでいます。

既出キーワードを書いても埋もれてしまう

既出キーワードの記事をどれだけ良質な記事を書いても埋もれてしまいます。


ただ、分量を多く書いても検索順位は伸びないですし、人気のキーワードは広告で検索結果が埋もれている状態です。


こんなレッドオーシャンの記事を書いてもすぐに埋もれてしまうため、かなりコスパが悪いです。

既出キーワードを避ける方法

既出キーワードを避ける方法はあります!


少し検索テクニックを使った裏技的な方法です。


「allintitle:キーワード」で検索することで、既にキーワードを含んだのみが表示されます。


この検索方法で検索結果が既に1000件など出た場合、そのブログタイトルで記事を書くのをやめたほうがよいです。


では、記事をゴミ箱に入れるかと言ったらそうではありません。


内容は変えずブログタイトルを変えるだけでOKです。


そして検索結果が0件程度になるまでキーワード選出をしてください。


allintitleタグについては下記の記事にも詳細を書いています。


上位になるにはそれなりに時間がかかる

検索結果0件の記事を書くと事実上、この世で一つの記事になります。


ではすぐに検索上位に来るかといったらそうではありません。


ある程度インデックスには時間がかかりますのでブログを書いたら気長に待ちましょう。


ライバルが少ない記事なのでそれだけ検索数が少ないのも事実としてあります。


ただ、将来的にそのキーワードで検索された場合自分の記事がトップに来るのは明確です。


コスパ重視の私は基本的にこの方法で記事を書いています。


この方法だと記事の文字数をそこまで意識する必要もなくなります。


ブログは文字数で争うものではなくて記事の良質さ、ユニークさで競うものです。


ブログアクセスに悩んでいる人は是非試してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました