【遅いのはNG!】「SEO対策」になるサイト高速化のメリット・効果

サイト高速化
スポンサーリンク

そもそもサイト高速化って何を指すの?

サイトを素早く表示すること

主にサイトを軽量化して、サイト表示を素早く表示することです。


ページ読込みが早くなることを高速化と呼んでいます。


ページ高速化の対応として例えばSmart Sliderの遅延読み込み画像最適化などがあげられます。


Google PageSpeed Insightsスコア上昇

もう一つの意味として、Google PageSpeed Insightsのスコア上昇があげられます。


いくらサイトが高速化表示されても、グーグルのスコアが良くないとグーグルの評価が悪くなってしまいます。


そうすると、検索エンジンでもあるグーグルが評価しているわけですから自ずとSEO対策の効果へ影響もでます。



スポンサーリンク

「SEO対策」になる高速化のメリット・効果

サイト表示のスピードアップがSEO対策へトレンド入り

Googleがページスピードへある発表をしています。



それはモバイル検索のランキング要因として使用するとこです。


実際に現在は「Speed Update」 としてGoogleのアルゴリズムにも導入されています。



サーチコンソールの指標として導入

昨年にもサイトスピード関連でサーチコンソールへある変化がありました。


それは2019年にGoogleサーチコンソールにベータ版として新しく速度レポートが実装されたことです。



SEO対策によく使われるツールで有名なGoogleサーチコンソールAll in One SEO PackWebSub/PubSubHubbubなどのプラグインがありますよね!



そのサーチコンソールに導入されたわけですから、

ますますSEO対策に関してサイト高速化の重要性が高まっている証拠ですね!



スポンサーリンク

ユーザの集客・成約率にも大きく影響

他にも商品の購入希望のお客様やブログ閲覧者へも影響がでます。



それはSEO対策だけでなく顧客満足度、コンバージョン率に影響がでることです。



遅いページを閲覧しようとしたときのことを思い出してください。



「あっ、このサイト遅い。似たページがあるからそっちを見よう(ページ離脱)」



こんな体験ありませんか?



実際の調査でもサイト表示速度が3秒以上かかってしまう遅いページで影響が出ています。

なんと、4割以上のユーザーが離脱してしまう結果のようです。



いくらデザインを重視して、高クオリティのサイトを構築してもこれだけ離脱されては

元も子もないですよね(^_^;)



(高評価)WordPressサイト高速化ノウハウNote公開中

これまでのココナラでの実績を元にWordPressサイト高速化ノウハウNoteを公開しております。

 

高評価頂いているサービスなので力を入れて6000文字以上、スクショ付きで高速化手順も公開しております。

 

私に依頼していただいたほうがご自身でやるよりも作業的に楽だと思いますが、

 

●自分でも高速化作業やってみたい!

●あまりお金を書けずに高速化実現したい

 

って方にはおすすめです!

0d2dfe4f877d42690b49ea8352ce5e83 サイト高速化
(公開中)【SEO(Google)対策】WordPress"サイト高速化"ノウハウのnote|❮Note&ブログサークル運営❯WordPressエンジニア黒川|note
※高速化ノウハウは随時更新しております WordPressエンジニアの黒川です(^^) このNoteは私がこれまで複数のサイトを高速化してきたノウハウを整理したものです。 初心者の方でも真似をすれば簡単に同等のサイト高速化できるようにわかりやすく整理しております! 基本、WordPress...



 

WordPressサイト高速化のノウハウはスキルのフリーマーケット「Coconala」での多数のクライアント様のWordPressサイト高速化設定した実績に基づいたものです

 

Google PageSpeed Insightsのスコア上昇へ貢献できるノウハウをブログ上で一部無料公開しております。

他にも様々な角度からサイト診断する必要がありますので、興味のある方は本ブログのお問い合わせフォームからでもお気軽にお問い合わせいただければと存じます。



タイトルとURLをコピーしました