SEO対策の効果やメリットとは?広告やブランディングと同じ効果!

SEO対策・集客
スポンサーリンク

SEO対策って本当に役に立つの?

漠然とSEO対策が良いって言うのはWebサイト運営者やアフィリエイターなどサイトを持っている人はだれでもご存知だと思います。


SEO対策がどのように影響するかまで知っているでしょうか?


もちろん、物販している人は商品購入、アフィリエイターは広告収入になるって把握されているかと思います。


今回はもう少し掘り下げた形でSEO対策の効果やメリットご紹介させていただきますね。


SEO対策について深くしることで、ただ単に物販をしたり広告収入を得てる人とはワンランクアップしたサイト運営ができるようになりますよ。


それでは1つずつ見ていきましょう!

広告費を抑えられる

SEO対策の効果・メリットとしては広告費や媒体費がかからないことです。



もちろん、サイトコンテンツを作り上げるために人件費はかかってしまいますが、一時的な広告を支払うよりも持続的で効果があるものですね。

リスティングなどのインターネット広告などは検索表示やクリックなどのために継続的に広告費を払い続ける必要性がございます。

これは結構痛手ですよね..

SEO対策はその広告費をかけずにバナー広告やリスティング広告とは異なり集客の機会を広げることができます。

広告は広告費払うのを終了してしまえば、SEO対策と違いそこで集客も滞ってしまいます。

SEO対策は即時性ないけれど、持続的効果がある

ただ、広告と違ってSEO対策はすぐに効果のある対策ではございません。

コンテンツ(ブログや商品説明など)を増やしたり、一生懸命に内部対策を行ったりすることで長期的に効果を見込むことができます。

webウェブサイトの資産として蓄積されていきますので、長期的に見ればコスパはかなり良いものです。


新規コンテンツ(ブログや商品説明など)の作成など取り組んだSEO対策は、すぐに検索結果に反映されないためキャンペーンなどには向いていません。

SEO対策は位置づけ的にはキャンペーンをするために、水面下でじわじわと集客をしておくためのもですね。

あるいはキャンペーンでお客さんを呼び込んだときに見られるコンテンツを用意しておくものです。

広告費はかからなくても効果を出すためには、自分自身でコンテンツを用意しておく必要があることを理解しておかなければなりません。

業者に選ぶ選択肢もあり

内部対策やコンテンツ(ブログや商品説明など)制作はかなり労力のかかる作業です。

もちろん自分自身でもできますが、ある程度勉強して慣れていかないと効果が出にくくなる可能性があります。



そういったSEO対策を行う知識が会社にない場合は専門の業者を選んで、SEO対策を委託しても良いと思います。


私もSEO対策の専門家として仕事をしていますが、もちろん自分自身でも勉強は可能ですので決して押し売りではないです。

SEO対策であれば、表示やクリックなどの広告費は発生しませんし適切なSEO対策を行えば上位表示で長期的に見込み客や既存のお客さんに対しても集客が可能になります。

自然検索結果(通常の検索)からの集客を目的とするSeo対策を実施する、1番のメリットは集客コストでしょう。

  • 広告:一度きりで、即時性の効果がある
  • SEO対策:継続的な効果のあるが、即時性はない

日々、自社コンテンツ(ブログや商品説明など)運用を継続することで、未来の大きな集客に繋がります。

加えて、ネット広告は検索ボリューム(PCやスマホなどで実際に検索された数)が低いと広告が表示されません。

(その検索ワードが御社のメインターゲットのSEOキーワードだったしてもです。)その点、ネット広告ではカバーしきれないSEOキーワードは、コンテンツ(ブログや商品説明など)Seoならカバー出来ますので、御社の商品・サービスの見込み客に対しより精度の高いアプローチが可能です。

自然検索からの流入数が増える

自然検索(オーガニック検索)とは、検索ウェブサイトで広告エリア以外に表示される検索結果のことです。
検索ウェブサイトで上位に表示されるのと、下位に表示されるのでは、自然検索からのクリック率に大きな違いが出ます。

アメリカのインターネットマーケティング会社「NINJAS」が2017年7月に公開したレポートでは、単一SEOキーワードの検索順位別のクリック率は、1位で約21%、10位で約1.6%と発表されています。
つまり、1位と10位では、自然検索からの流入数に約12倍もの差があるのです。

このように、検索上位に表示されることは、自然検索からの流入数に大きな影響を与えることがわかります。

加えて、SEOキーワードの検索ボリュームの多さも、SEO効果を発揮するのに密接な関係があることがわかっています。

検索ボリュームが大きいSEOキーワードの方が、SEO効果が出にくく時間もかかるのです。

 
改めて、SEO効果がでるまでの期間についてまとめます。

* ドメインの古さが1年未満のウェブサイトは極端にSEO効果が出にくい(5.7%のみ)

* その5.7%のページの大多数が2ヶ月~半年掛けてSEO効果を発揮する

* 検索ボリュームが大きいSEOキーワードはSEO効果が出にくい

 
以上のことを踏まえると、SEO対策は長期戦であることが改めておわかりいただけたのではないでしょうか。

しかしながら、SEO対策はニーズが顕在化している検索ユーザーを無料で集客できることから、非常に費用対効果の高いマーケティング方法です。

次に紹介する基本のやり方を押さえれば、あなたのWebウェブサイトにおいても順位上昇などの効果が見られるはずです。

見込み度の高い検索ユーザーを獲得できる

SEO対策では、自社のビジネスに関連性の深いSEOキーワードや、潜在顧客が検索するであろうSEOキーワードで、上記に表示されるように対策するため、関心をもって検索する、見込み度の高いお客様をWebウェブサイトに多く集客することできます。

加えて、先の「NINJAS」の調査によると、複合SEOキーワードで検索された場合のクリック率は、単一SEOキーワードで検索された場合よりも高く、2ページ以上クリックする傾向があるといわれています。
つまり、自社のWebウェブサイトの情報が、検索ユーザーが求める情報に、よりピンポイントで合致した場合、より高い確率でコンバージョンも狙えることになります。

最初に、WEB検索の検索ニーズについてご説明しよう。WEBは、情報を得るためのメディアであるため、検索者は、情報を得るために「知りたい情報」を「SEOキーワード化」して検索エンジンを使って検索している。そのため、検索ニーズを一言でいえば、「何が知りたいのか?」です。

ビジネスで活用するWEBウェブサイトの場合は、この検索ニーズを分析しないことには、ニーズに合っていない情報提供をすることになってしまう。これではいくらSEO対策しても、見込み獲得はできない。いくらコンテンツ(ブログや商品説明など)を公開しても効果は得られない。

ブランディング効果

多くの検索ユーザーは、訪問するwebウェブサイトを選ぶ際に表示順位を重視しており、上位に表示されていると、その業界・分野の主要な企業であると認識したり、検索エンジンから推薦されているという印象を持ったりする傾向がございます。

そのため、SEOによって、webウェブサイトにマッチする業界や分野における重要なSEOキーワードで検索エンジンの上位表示を確保することで、ブランド力を向上させることにつながり、加えて、検索ユーザーに安心感を与え、webウェブサイトの信頼性に貢献することにもなります。

先ほど紹介した順位によるクリック率の違いを見ると、多くの検索ユーザーは検索順位を重視して訪問するWebウェブサイトを選んでいることがわかります。

つまり、ある特定分野のSEOキーワードで検索結果の上位に表示されるということは、「〇〇(分野)といったら●●」というように、その分野や業界における認知拡大や、Webウェブサイトの信頼性の向上に繋がります。



タイトルとURLをコピーしました