送信されたURLにnoindexタグが追加されていますがsitemap.htmlで出た時のエラー対処法【Search Console】

SEO対策
スポンサーリンク

Google Search Consoleで送信されたURLにnoindexタグが追加されていますエラー表示

sitemap.html-noindex-1 SEO対策

Google Search Console上で、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラーが表示されました。

サーチコンソール上のエラーはSEO対策にも関わるので重要です!

SEO対策としてAll in One SEO PackWebSub/PubSubHubbubGoogle XML Sitemapsプラグインを使っていますが、今回はGoogle XML Sitemapsの設定が関係していました。



ちなみにエラーの表示場所はインデックス -> カバレッジの部分で表示されていました。

スポンサーリンク

sitemap.htmlエラーはGoogle XML Sitemaps設定が原因

sitemap.html-noindex-2 SEO対策

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」を詳細分析するためにエラー内容を見てみるとsitemap.htmlでエラーが発生していました。

私のサイトではサイトマップの設定はGoogle XML Sitemapsでしています。

設定を見てみるとhtml形式でのサイトマップを含める設定にしてありました。

スポンサーリンク

送信されたURLにnoindexタグが追加されていますの対処方法

Google XML SitemapsでHTML形式でのサイトマップを含めるのチェックを外す

sitemap.html-noindex-3 SEO対策

現状はチェックされた状態です。このチェックを外します。

このチェックを外すことによってエラーが表示されなくなります。


no indexで送信されているのにサイトマップに送信されているためエラーと判断されたようですね。

Google Search Consoleで検証ボタンクリック

WordPressの管理画面からGoogle XML Sitemapsの設定変更が終わったら


Google Search Consoleの画面に戻って下さい。


そこでカバレッジから検証ボタンをクリックすると、URLを検証しますのでまた数日経ってから結果は確認して下さい。

sitemap.htmlはインデックスしなくても問題ないの?

サイトマップにはサイトのコンテンツでインデックスしたいものを表示させます。


サイトマップ自体は他のsitemap.xmlのxml形式で送信されています。

そのため、html形式をインデックスしなくてもサイト上のコンテンツはしっかりと送信されているため問題ないです。


検索結果にhtml形式をインデックスさせてサイトマップの情報を表示しても意味ないですからね。


今回の対処法として、エラー内容を無視するという選択もあります。


しかし、エラーが残るのはあまり良いものではなかったので今回は設定変更してエラー削除しました。


定期的に設定を見直すのは重要なことです。

All in One SEO Packを使っている場合は、改めて設定内容確認してみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました