外部SEO対策にはSNS拡散とUI/UX拡散が最も重要な要素

SEO対策集客化

外部SEO対策に必須要素のSNS拡散ととUI/UX改善

SEO対策集客化  外部SEO対策にはSNS拡散とUI/UX拡散が最も重要な要素

外部SEO対策には何がたいせつかご存知でしょうか?


いつくか要素はありますが、SNS拡散とUI/UX改善がますます現代社会では重要になっております。


いずれもユーザーファーストで何が大切か考えていくのが外部SEO対策の近道でしょう。

SEO対策集客化  外部SEO対策にはSNS拡散とUI/UX拡散が最も重要な要素
Webラボ

外部SEO対策ではSNS拡散とUI/UXを対策しよう!

SNS拡散による外部SEOの効果

被リンクの量がまず重要

SEO対策集客化  外部SEO対策にはSNS拡散とUI/UX拡散が最も重要な要素

被リンクの量については、先ほど説明したように、被リンクが多ければ多いほど評価が高くなります。


しかし、最近では後述するように、リンクの「質」も考慮しなければなりません。

リンクの数だけでは評価されず、全ページ共通のテンプレートに同一ドメインからのリンクを大量に配置も大事です。

しかしそれよりも適切な場所からのリンク、つまりユーザーにとって有益なリンクの方が重要になります。

言い換えれば、ユーザーにとって有用なリンクの方が重要なのです。

 

ところで、Search Consoleを使って自分のサイトに設置されているリンクを確認することができます。

 

次は、リンクの質を考える

「被リンクの質」とは、被リンク元のコンテンツの質と表現することができ、よく運営されているサイトやブログ、公的機関からの被リンクを意味します。

また、よく運営されているサイトやブログ、公的機関からのリンクを意味することもあります。(ドメインランクの高いサイトとして「ahrefs.com」を指すこともあります。

そして、なぜリンクが効果的なのか…。検索エンジンは、ユーザーにとって有益なサイトやページ、最近では信頼性を評価しています。

 

そのため、参照ページなどのリファラルによって設置されたリンクは、ユーザーにとって有益なものであるべきです。

また内容のないページからのリンクは決して有益なものではなく、簡単にハッキングされてしまう可能性さえあります。

 

このような安易なリンクは検索エンジンには評価されず、実際には検索順位に悪影響を与える可能性さえあります。

つまり、様々なサイトからリンクされているということは、コンテンツの有用性を証明するものであり、信頼性や信頼性を担保する重要な要素です。

そのため、外部からの指標とはいえ、「コンテンツの質」や「ユーザーにとって有益な情報」といったコンテンツを重視したサイト運営が最終的な目的となります。

 

質の高いコンテンツでSNSでの拡散を目指す

被リンクを増やすためには、何よりもまず質の良いコンテンツを作ることが大切です。その本質を忘れないようにしましょう。その上で、最近特に重要になってきているのが、SNSでの情報拡散です。

 

FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワーキングサイトは、あなたのコンテンツを広めるのに最適なプラットフォームです。

これらのサイトであなたのコンテンツがシェアされると、シェアしたサイトにもシェアされて、ウェブのようにあなたのコンテンツが広がっていきます。

そのため、コンテンツを作成する際には、ソーシャルネットワークを考慮に入れることが重要です。

UI/UXの改善が外部SEOに良い理由

使いやすいUIだとSNSで拡散しやすい

SEO対策集客化  外部SEO対策にはSNS拡散とUI/UX拡散が最も重要な要素

SNSでの拡散を考えているのであれば、UIにもそれを考慮したものにしましょう。


具体的には、ユーザーが「この記事は面白い、みんなに見てもらいたい」と思ってから、シェアしてもらうまでの障壁をできるだけ排除することが大切です。


少しでもストレスがあると、シェアしてもらうことができなくなってしまいます。ユーザーの立場に立って、シェアしたい瞬間にシェアしてもらいやすいUIを提供していきましょう。

 

例えば、ユーザーが共有したいと思った時にいつでも共有できるように、スクロールするUIに共有ボタンを付けられるようにしたもの。

 

タイトルとURLをコピーしました