【SEO対策】 キーワードずらしの考え方を身に付けて検索上位へ

SEO対策
スポンサーリンク

キーワードずらしとは?

Google検索で検索上位に組み込むには”キーワードずらし”が必須のテクニックです。


そもそもキーワードずらしとは何でしょうか?

他のブロガーさんやトレンドアフィリエイトの人が書いた記事とかぶらないようにキーワードを設定することです。

つまり、検索数が多くすでに人気のありそうなキーワードを避けることがキーワードずらしのテクニックです。


そんなに難しいことをするわけではないですが、慣れるまで少し癖があるので今回はキーワードずらしの考え方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

キーワードずらしの考え方

メインキーワードだけで狙わない

これは大前提の考え方です。

SEO対策で上位されたい記事であっても絶対にSEO対策のみのキーワードだけで上位を狙わないで下さい。

グーグルはそもそもSEOに特化したサイトをしたサイトを優先しますし、SEOドメインパワーと呼ばれるサイトのSEO力からも記事の価値を計ります。

今はコンテンツファーストとは言われていますが、”良い記事”は質だけ良くてもだめです。


やはりSNSで拡散されているから、信頼のあるサイトから記事が作成されているからなど”良い”の定義は様々な要因からなります。


単一のキーワードだけで狙うとすでにそうしてモンスターサイトに上位を占められている至難の業です。

関連キーワードでバリエーションを発掘しよう

メインキーワード + 関連キーワードでバリエーションを見つけましょう。

関連キーワードは下記のようなサイトから見つけることができます。

5c55fa56120cf08017f4a2f134dbc57e SEO対策
ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))
無料で使えるキーワードリサーチツール。一瞬でキーワードリサーチに必要な情報を収集してくれる、コンテンツ制作者のためのツールです。読者、視聴者が求める情報を把握してより良いコンテンツ作りを目指しましょう!

こういったサイトで分かることは検索時に自動的に関連ワードとして表示されるいわゆるGoogleのサジェストキーワードYahoo!の虫眼鏡キーワードです。

自分で検索窓に入力して調べてもいいですが、こうしたツールを使うことで一括して取得できます。

関連キーワードをそのまま使わないで!

メインキーワードだけでなく、関連キーワードを混合させて記事タイトルを考えるのはいいですが、そのまま使うのでは効果が薄れてしまいます。

理由としては、すでに他の記事でよく使われているから関連キーワードとしてグーグルが提示しているキーワードだからです。

使用する際は取り扱い注意です!

関連キーワードを上手く他の単語に変換したり、英語にしてみたり、ここでもずらしを意識すると良いでしょう。

連想キーワードでユーザの心を読む

関連キーワードよりも少し難易度は上がります。

でも本質的な内容です。ここをスムーズに考えられるようになったらブログの質もぐっと上がるでしょう。

連想キーワードとはメインキーワードから連想できる、ユーザが欲しているキーワードです。



SEO対策がメインキーワードで検索を掛けているのであれば、何かしらSEO対策について知りたいわけです。

例えば、集客に困っているとか、商品の売上が上がらないとか、そもそもホームページが上位に表示されないとかSEO対策と一口にいってもユーザの悩みは千差万別です。

そこを連想して、メインキーワードにくっつけて上げるとなかなか良い記事を書くことができます。何事も本質的な事が大事ですね。

2回のなぜ?で本質的な連想キーワードを導き出す

ブログに限らずですが私がよくやる本質的な理由や目的を考える手法です。

それは単純で、物事に対して2回なぜ?を唱えるだけ。数が多くなればなるほど深く追求できますよ。

飲食店がSEO対策したいと考えたケース

→なぜ、SEO対策?
→集客・売上に困っているから

→なぜ、集客・売上に困っている?
→コロナで外国人客が減ったからor自粛ムードがあるから or コロナの感染リスクを減らしたいからetc…

こんな感じに単純ですが、なぜ?を繰り返すことで連想しやすくなりますし、本質的なことに迫ることができます。

思い切ってメインキーワードもずらそう

ときにはメインキーワードもずらすことも必要です。


これまでSEO対策をメインキーワードとしていましたが、言い換えて検索対策やグーグル対策などしても良いわけです。


思い切ってBing対策なども良いかもしれませんね。内容的にはほぼ同じような記事になると思いますが、確実にGoogle対策よりも上位が狙いやすいでしょう。

以上が、キーワードずらしの考え方です。

次に一番重要なことを書いているのでよければご覧ください。

スポンサーリンク

そもそもなぜ検索上位にしたいのか?

ここからは少し余談です。

今までユーザ目線で考えていましたが、そもそもなぜ記事やサイトを検索上位にしたいのでしょうか?


私であれば、今回の記事を書いたのはアドセンスの収入もありますが、本質的にはSEO対策でサイトから問い合わせが来てくれたらいいな。っていうのが根本にはあります。

せっかく狙ったキーワードで上位表示されても目的がブレブレですと遠回りになってしまいますので、その点も考えていただけるとなお良いかなと思います。

以上、余談でした。



タイトルとURLをコピーしました