SEOのロードマップ|対策方法やGoogleの評価・アルゴリズム解説

SEO対策集客化
スポンサーリンク

SEOとはそもそも何なのか?

SEO対策はGoogle対策とほぼイコール関係

seo115 SEO対策集客化

SEOとは「Search Engine Optimization」のことです。

SEOは日本語でいうと検索エンジン最適化と約されています。


基本的にはグーグルやヤフーなどの検索エンジンはWeb上に公開されてオープンになっているウェブサイトをSEOで最適化しています。

そのグーグルなどの対策をすることをSEO対策と言われます。

SEO対策には内部対策や外部対策があり、上位に表示されるためにみんな必死でこれらの対策しています。


SEO対策をかんたんにいえば「自らのウェブサイトを検索順位1位にする対策」のことです。



あえて1位を目指さないといった対策もあるようですがそういったことは基本的に意図したとおりにできません。

というのも、グーグルのアルゴリズム改善(アップデート)に依存することが多いからです。

SEO対策に詳しくなるには日々勉強が必要!

business176 SEO対策集客化

こちらのページではウェブサイト内に散らばっているSEO対策についてまとめた記事になります。

順序立てて解説しており、ところどころで深く掘り下げた記事を記載にしておりますので大いに逸脱していただいて構いません。


記事を読み終わったらまたこちらの記事に戻るというスタンスで取り組んでいただけるとわかりやすいかなと存じます。

SEOについて→SEO効果→具体的なSEO対策(内部・外部)といった順番ですすめていきます。

自分で勉強するのが苦手、業者に任せたほうが安心って方も多いと思います。

悪質な業者も多いので注意して下さい。

Webサイトで成果報酬のseo集客は効果がでるのか?

収益化ブログと書きましたが、根本的には企業のウェブサイトでも通じることがありますのでタイトルに惑わされずSEOを深く知るための記事だと捉えて下さい。

こんな人におすすめの記事です。

  • アクセスが集まらなくて困っている方
  • アクセスがあるのに物販など収益に繋がらないという方
  • 自社PRをしたいウェブサイト担当者様
  • アドセンスなどでウェブサイト収益化したいアフィリエイターさん

SEO対策は広告と同じ効果。それ以上の効果も!

business166 SEO対策集客化

実はSEO対策は低コストで広告と同じ効果を発揮できます。

どういうことでしょうか?解説していきますね。

ただしSEO対策はよくあるリスティング広告と違って、費用はあまりかからない点がメリットにはなるのですがすぐには効果が上がらないデメリットもあります。




SEO対策のためにコンテンツ(ブログや画像など)(ブログや商品説明など)を増やしたり、一生懸命に内部対策を行ったりします。

そうすることで、ブログやウェブサイトなどでクオリティの高いコンテンツ(ブログや画像など)を作成すれば、グーグルに評価されて上位表示されるようになります。

検索結果で上位表示されればもちろん今まで以上の集客に結びつけることができます。
これってすごい効果ですよね!

ウェブサイト自体にアクセスが集まれば、アドセンスブログならば直接的な収益、物品ウェブサイトならば間接的に商品が買われると収益になります。


それも持続的な効果ですので、広告よりもかなりお得です。

検索エンジン仕組みは?ウェブサイトの掲載順位の決定方法

seo112 SEO対策集客化

SEO対策をすれば広告と同じ効果で収益に結びつことがわかりました。

では早速SEO対策をして行きましょう!っていきたいのですが、まず敵を知ることから始めましょう。

そもそも、グーグルなどの検索エンジンがどのように順位付けしているか知る必要がありますね。

主に下記3つの方法でグーグルはウェブサイト診断してウェブサイト順位を決定しています。

  • ウェブサイトクローリング(巡回):クローラーがウェブサイトを訪れる。
  • ウェブサイトインデックス(登録):ウェブサイト認識して、データとして管理する。
  • ウェブサイトランキング(順位付け) :ウェブサイトを診断して得たデータから順位付けをする。

もう少し具体的に言えば、ウェブサイトをグーグルのボットが発見し、ウェブサイトデータをデータベースに整理してインデックスします。


その後、ユーザーの検索に応じて検索情報(クエリ)に対して関連性の高いページをグーグル独自のアルゴリズムを使用してデータベースから情報を抽出します。


インデックスする際に複数のウェブサイトと比較を行ったうえで優先順位を決めてデータベースに保存しているので、それが反映されているものがグーグルの検索結果です。


どのウェブサイトが良いってわけではなく、検索情報(検索用語)によって最適化された情報が表示されているのがミソですね。


ウェブサイト構築の際はグーグルがこれらのことを裏で実行しているんだってことを頭に入れてウェブサイト作りしなければなりません。

自分好みじゃなくて、グーグル好みにウェブサイト制作するようにしましょう。

検索エンジンのより詳しい説明はこちらをご覧ください。

参考:Google検索の仕組みとは?最適化やサイト順位決定方法が分かる

参考:検索上位からの圏外回避にはGoogleのコンセプトを理解するのが近道

検索アルゴリズムは常にアップデート(改良)される

ユーザーは検索エンジンを使って自分がほしかったり、望んでいる情報にたどり付きます。



「ユーザがほしい情報」とはなんでしょうか?



それはユーザが検索窓に入れている「SEOキーワード」のことです。


サーチエンジンは「SEOキーワード」からユーザの思考や考えを読み解きます。
これはなかなか難しいことです。



理由としては、複数あるウェブサイトからユーザが最も有益だと思うページを検索結果で表示する必要があるからです。

グーグルはユーザファーストの企業です。これは常日頃から公式ウェブサイトでも見られるワードです。

ユーザーが使い勝手の良いものだと役に立つものとして日常的に使う可能性があがるからです。


検索しても、全く期待していないページを表示されたら今度から使うのをやめることでしょう。

お客さんも当然離れていきますよね。

そのため、グーグルも実は裏で日々頑張っています。


それはアルゴリズム調整と呼ばれるもので、検索アルゴリズムの精度向上や検索の品質改善のことです。

毎日少しずつ改良はしているのですが、たまに抜本的に変化させるときがあります。

それがいわゆるコアアルゴリズムのアップデートですね。


コアアルゴリズムアップデートはウェブサイトにも影響範囲が大きいです。検索結果がガラッと変わってしまうこともあります。


ちょっと厄介な仕様ですがほんとにユーザに有益なのでしょうか?
もちろん、ユーザファーストの企業なので其のあたりは考慮されて最適化されています。


これまでのアップデートだと「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」など聞いたことないでしょうか?

こういったアップデートのおかげで、低品質のアフィリエイトウェブサイトや客観的な根拠のない医学系のウェブサイトなどが駆逐されています。



自分がウェブサイト構築する際もそういったことを気をつけないと行けないですね。
其のあたりも後述の具体的な対策で盛り込んでいます。

SEOの重要な対策はSEOキーワード・内部・外部対策の3つ

主に行われる施策としては

  • 検索ユーザーのニーズを満たすSEOキーワードを盛り込んだクオリティの高いコンテンツ(ブログや画像など)
  • グーグルへウェブサイト内部の情報を適切に伝える(内部施策)
  • 主にSNSや他ウェブサイトの被リンクから得る外部評価(外部施策)

SEO対策のウェブサイトに言っては違うことを言っているかもしれませんが、大枠としはこの3つでしょう。

作業を行う際もこの3つのいずれかに入っているか確認しつつ確かめて下さい。

この用語のにまだピンと来てない方や、細かく説明できない方はまだウェブサイト構築が不十分な可能性があるのでこのまま読み勧めてくださいね。

スポンサーリンク

SEOの具体的な対策方法

seo98-1 SEO対策集客化

ここからは具体的な対策の説明ですね。
先程挙げた3つの項目を意識して読み込んで下さい。

  • 検索ユーザーのニーズを満たすSEOキーワードを盛り込んだクオリティの高いコンテンツ(ブログや画像など)
  • グーグルへウェブサイト内部の情報を適切に伝える(内部施策)
  • 主にSNSや他ウェブサイトの被リンクから得る外部評価(外部施策)

こちらの記事を中心にして適宜参考になる記事を書き足していきます!

SEOキーワード選択

検索されるSEOキーワードを選定しよう

これは当たり前のことですね。

でも実際これができている人がどれだけいるでしょうか?

重要なことはユーザーが検索するSEOキーワードを分析して、選択することです。

自分好みじゃなくて、ここでもユーザファーストですよ。
自分好みにタイトルやブログ内のSEOキーワードを付けているうちは伸び悩みます…



このあたりはクリック率にも影響してくるので何度も分析して下さい。

SEOキーワードをずらして選択してみよう

検索されるSEOキーワードを分析するお話を先程しました。
それも大事なことです!まずはスタートラインですね!

そのうえでSEOキーワードを少しずらして上げると効果抜群です。

あるテーマについて記事を書こうとしても既に偉大な先輩方が検索上位を占領しています。


そこに立ち向かうのはかなり困難なことです。

少しSEOキーワードをずらして上げることで見込み客の獲得になるのでおすすめです。

SEO対策について書いた記事ならば、アクセスアップではなく収益化に関連付けて書いてみるとか、ブログに絞って書いてみるとかユニークで他にはない記事を書いて見るようにしましょう。

其のためにはどんなことをユーザが考えて検索エンジンで調べてるかイメージする必要がありますね!

検索ボリュームが多いSEOキーワードは避ける

記事を書いたら検索にかかりそうで、ユーザがクリックしたくなるSEOキーワードを抽出してみましょう。

そしたら、SEOキーワードの検索ボリュームを調べるのがおすすめです。


検索ボリュームというのはこれまでのSEOキーワード検索数です。
もちろん、世界全体でグーグルの検索窓で検索された数です。

検索ボリュームが多いSEOキーワードはそれだけ検索されていますので、検索上位になればかなりのアクセス数が望めます!


でもここは目指さないで下さい…

最初から1位を目指すのはあまりにも酷な道のりになります。


グーグルは記事だけでなく、ウェブサイト全体やウェブサイトの外部評価も気にして検索順位を決定しているのでどれだけ良い記事を書いても上位表示は難しいでしょう。


SEOは相対評価です!

もちろん、競合の多いSEOキーワードはコンテンツ(ブログや画像など)に高い水準の品質を求められる。


立ち上げたばかりのウェブサイトはグーグルでは全く相手にされません…


いきなり巨大検索ボリュームのSEOキーワードを狙うのは愚策でしょう。

ここまでが検索SEOキーワードについてです。次はグーグルの評価制度について見ていきましょう。

E-A-T指標でグーグルはウェブサイト評価する

seo101-1 SEO対策集客化

E-A-Tと呼ばれる3つの評価指標が重要です。
横文字ですが、そこまで深く考える必要はないです。むしろポイントを押さえれば簡単です!



グーグルがクオリティの高いコンテンツ(ブログや画像など)を評価する際のあくまでも1つの指標です。


E-A-Tはグーグルが公開している、SEOのルールブックとも呼ばれる品質評価ガイドラインでもかなり言及されています。

E-A-Tの意味をご存知でしょうか?こちらがこれらの意味です。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

の3つの言葉の頭文字です。

これだけでは何のことかわかりませんので1つずつ解説していきます。

  1. テーマがユニークで独自性のあるコンテンツ(ブログや画像など)や記事のこと(専門性)
  2. 信頼のおける外部機関やユーザから客観的評価を受けていること。(権威性)
  3. 運営者や記事投稿者が明確であること。情報に透明性があること。(信頼性)

概要としてはグーグルが伝えたいのはこういった内容です。


各SEOキーワードについてトピックを設けてグーグルが詳細に記述しているものはないので、コンセプトというか指針として捉えておくと良いでしょう。

簡潔にまとめるとグーグルはテーマの中で一番詳しい人が、客観性のありユニークなコンテンツ(ブログや画像など)を作成して、それを匿名ではなく立場を明らかにしてWebに公開することを望んでいます。


必要に応じてグーグル品質評価ガイドラインも見ていただけると幸いです。

こういった指針はベストですがそれ以外がダメと言っているわけではありません。

公開したからと言って、SEOでトップになるわけでもありません。

もちろんSEO対策でベストな状態にするにはこういったことを意識して記事を書いたほうが良いのは言うまでもありません。

SEO内部対策

seo92 SEO対策集客化

シンプルで分かりやすいウェブサイト構造にしよう

SEO内部対策とはグーグルに対してウェブサイトの内部構造を最適化すると思われがちです。



内部対策はグーグルだけでなくユーザーから見ても分かりやすくシンプルなウェブサイトを作ることです。

シンプルなウェブサイトとは一体どういったウェブサイトでしょうか?



1つの指針としてはカテゴリが適切でなるべく少ないクリック数でウェブサイト全体のコンテンツ(ブログや画像など)にたどり付けることができるウェブサイトです。


ウェブサイトを本に見立てると分かりやすいかもしれません。



分かりやすいタイトルで、分かりやすい目次で文章も適切でシンプルなものが良いですね。

最低限の技術的なことを抑えよう

評価するグーグルはボットですので、機械に分かるようなコンテンツ(ブログや画像など)作りやウェブサイト設定が不可欠です。



基本的にはコンテンツ(ブログや画像など)作りに専念すべきなのですが、テクニカルももちろん重要です。

SEO対策で重要される項目は以下のとおりです。

ページタイトルの最適化やディスクリプションの最適化は自分自身で設定もできるが、グーグル側で最適なタイトルや文章に変換される場合もある。

  • ページタイトル(titleタグ)最適化
  • robots.txtの設定
  • グローバルナビゲーションの設置
  • descriptionメタタグの最適化

他にはこういった項目もあります。

パーマリンク設定はあまり階層を作らず、ドメイン名+記事タイトルが運用上はおすすめです。パンくずリストなどを設置してサイト構造を分かりやすくしておこう。

  • パーマリンクの設定
  • ウェブサイトマップ(XML)の設置
  • パンくずリストの表示

基本的にはWordPressのプラグインやテーマの設定で実装できるものが多いので問題ございません。

気になる人はSEOの専門家にココナラなどで依頼すると良いでしょう。

SEO外部対策

business174 SEO対策集客化

積極的に発信して外部評価をもらおう

SEO外部対策とは基本的には外部評価になります。



そのため、自発的な対策は難しいですしお金で外部対策をするとグーグルからペナルティーを受ける可能性があるのでおすすめできません。

被リンクといって他のウェブサイトからウェブサイトをで紹介してもらうことはOKですが、お金を支払うとペナルティー対象です。


また、1つや2つ被リンクが増えたところでかなり効果は薄いです。

ではどうやって外部対策をするのでしょうか?

積極的に発信して外部評価をもらおう

他の具体的な外部対策としては以下のとおりです。

  • ソーシャル・ネットワークの活用
  • リスティングやWeb広告の活用
  • パブリックな情報発信・プレスリリース
  • ブログやウェブサイトの引用

一番わかり易いのがTwitterなどSNSでシェアされることでしょう。
SNSは外部評価がもらいやすく拡散力もおすすめです。

特にソーシャルメディアは無料で使えるため、かなり効果的な手法です。


SEO外部対策の前提として既にコンテンツ(ブログや画像など)の洗練と内部SEO対策が最適化されているときに効果が発揮されてきます。

まずは、コンテンツ(ブログや画像など)の作り上げと内部SEO対策を最適化しましょう!

参考:外部SEO対策にはSNS拡散とUI/UX拡散が最も重要な要素

タイトルとURLをコピーしました