Google検索の仕組みとは?最適化やサイト順位決定方法が分かる

SEO対策集客化
スポンサーリンク

グーグルを知ることでSEO対策の手助けになる

グーグルの理念を理解するのが1番重要です。

それによって効果的なSEOとは何なのかを知ることができます。



その後サーチエンジンの仕組みを知ることでより深い理解に結びつくでしょう。



Googleの創設者をご存知でしょうか?「ラリーペイジとサーゲイブリン」です。



こちらの二人はどちらともあの有名なスタンフォード大学で出会いました。


かれらはミッションとして、その時代にはなかった新しいWeb検索を模索しました。



かれらが登場する以前のWebは”無法地帯”だったのですね。




そこにビジネスの勝機や世界中の人々の利便性を求めた結果としてグーグルが誕生しました。
1998 年に創業してからというもの、サーチエンジンとしてだけではなく様々な用途でグーグルは使われています。



今では普通に無料で使われているサーチエンジンがなかった世界なんて想像できませんよね…!



こういった歴史も頭の片隅に入れつつ、今回のメインはGoogleのサーチエンジンそのものの解説です。

クロールとかインデックスとかそういったお話ですね。



ちなみに全体像を掴むためにはSEO対策のロードマップもおすすめの記事です。



それではグーグルがどういったサイトを検索上位に表示していて、グーグルが何を考えているのか見えていきましょう。



グーグルはとにかくユーザーファースト

グーグルはユーザーにとって、1番役立つサーチエンジンを追い求めています。



それもそのはずグーグルの主な収入源は広告だからです。


グーグル 全くためにならないサイトで意図しないコンテンツ(ブログなど)が検索結果にでたら利便性が悪く使い物になりません。



そうすると、誰もグーグル を利用しなくなり広告収入は激減します。





グーグルのユーザーから広告収入が増えるロジックとしては逆に検索した時に役立つ情報やサイトばかりが検索結果に表示されることでしょう。




グーグルは10個の理念のトップに「ユーザーファースト」を掲げています。

常にグーグルはユーザのニーズに合うサーチエンジンの姿を追い求めているわけですね。



グーグルといえばコアアップデートなど多いアップデートが有名ですね。

ただ、それ以外にもこまめにアップデートはしています。



2016 年にはなんと20万件近くのテストの結果を元に2000件近い修正をしたと報告されています。



しかも平均すると1日2回はアップデートとされているようで、気づかないところで日々進化しているんですね。



昔から行われている、キーワードの出現率や重複コンテンツ(ブログなど)の割合などテクニカル的な話も重要ですが、1番大事なのはユーザファーストで考えているかどうかです。




ユーザの滞在率を無駄にあげようとしたり、クリック率を上げるために広告をわざとずらすなどユーザにデメリットを与えるようなサイト作りはやめましょう。



オリジナルでユーザが納得出来るコンテンツ(ブログなど)作りが昔以上に求められています。

グーグルは良質なコンテンツが大好き

グーグルが好きなもの=ユーザが好きなものです。

検索をして、意図しないものだとただの時間の無駄ですもんね…



“2000年代前半”でさえ、Webの世界ではユーザーにとってあまり不必要なコンテンツサイトが検索結果に表示されていました。



よくあるのが詐欺まがいの広告や似たりよったりの「アフィリエイトサイト」、自社商品のみを悪質に売り込むサイトなど上げるときりがない。


サイトを閲覧すると今でも勝手に違うページに行くときありますよね。

ああいった悪質なものが多かったのです。



2011年の年末から検索ユーザーがノウハウや求める情報を詳細に分かりやすく解説しているサイトが上位結果表示されるようになってきた。



まだ、少し前の話なんですね。デジタルネイティブ世代には想像できない話です。



グーグルの改善されたアルゴリズムによって、ユーザーに対し価値のないサイトは検索圏外になりました。

ユーザーのニーズやシーズ合わせたものに一致するものをなるべく提供出来るようにサーチエンジンは大きく前進しつつあります。



良質なコンテンツの定義は難しいですが、サーチエンジンやユーザを騙して検索上位になるコンテンツは良質だとは言えないでしょう。




どちらかを重視するのではなく、どちらも重視したサイト設計やコンテンツ(ブログなど)作りが大切です。



それら中で商品やサイトのブランド力を高めて、コンバージョンや収益化を目指すようにしましょう。




さてさて、どういった仕組みでサイトの順位を決定しているかご存知でしょうか?



スポンサーリンク

サーチエンジンの主な仕組み

グーグルがサイトのランキング決定するためには大まかにいうと下記のフローがあります。




これはサイト構築してからのフローです。

サイトクローリング:サイトを訪問する

サイトインデックス:サイトデータをデータベースに取り込む。

サイトランキング:サイトの検索順位を決定。



具体的にどのような項目なのかを詳しく説明していきましょう。

サイトクローリング

WEB上には、クローラーと呼ばれるサーチエンジンのbotがサイトを巡回している。



人間ではなくロボットが巡回しています。




そういったサーチエンジンではプログラムがweb上のページやリンクからWebサイトを巡回クローリングして、Webページ上の莫大なデータ蓄積しています。

クローリングを助けるグーグルの巧緻なプログラム

グーグルは巨大なコンピューターを使用しています。

なぜならばなるべくサーバーの負担が重くならなくしているからですね。



そのため一回のアクセスだけで最大限のサイトのページをクローリングしています。。

こういったクローリングは「クローラー」や「スパイダー」なんて呼ばれ方もします。

これによって、クローラーはWEB上の全てのページをデータベースに取り込もうとしているんですね。

このクローラーが、あなたのサイトへ訪問した際にサーチエンジンはサイトを分析し始める。

サイトやページを制作したら、まずクローラーに訪問してもらうことがSEO対策となる。


質の良いコンテンツやGoogleへサイトマップを送信することで基本的にはGoogleの方で自動的にクローリングしてもらえる。

そして、何度もウェブサイトの同じ記事やコンテンツ(ブログなど)が巡回クロールされることで、ページ内容が診断されるようになる。


それを助けるためにはサイトの内部構造の設定ももちろん重要だ。

なぜなら、クローラーは内部リンクをたどって、他の記事やページに移るからだ。

高品質なコンテンツをサイト内で準備することが大切

サイトの隅々まで認知してもらうためにはどうしたらよいだろうか?

クローラーが巡回しやすいようにサイト内部の構成を整理することが重要になってくる。





自然なリンクが増えるようなに良質なコンテンツを作るのが大事。

そうすることで、クローラーが巡回するための経路が増えるためそれだけ巡回頻度があがる。

Googleはテキストだけでなく、PDFファイルや画像ファイルもクローリング対象としている。



ただ、まだ画像認識技術の制度が高くないため、基本的には判別の付きやすいテキストがインデックス対象と考えて良いだろう。

スムーズに各ページを確認してもらうためには、サイトの内部構造を整理することが大事になってくる。それによって、クローラーの巡回効率があがってくる。

サイトインデックス

全てグーグルのデータベースに登録されるためにクローラーが収集してきたページの情報を整理されてる。そのことをインデックスという。


SEO対策の分野において、インデックスとういう用語はデータベースにと同じニュアンスで使わるれていると考えた方が分かりやすいでしょう。

驚きのスピード感。検索結果を1秒以内に返す。

グーグルは検索ユーザーがキーワード(クエリ)に合致した、関連性の極めて高いものかアルゴリズムに基づいてサイトを検索結果にかえしてくれます。



その検索結果の表示のスピードと言ったら、かなり速いです!



1秒以下というから驚きです。今では普通に使っていますが、他のアプリやスマホでこれだけデータを速く返してくれる大規模なシステムはないかと思います。



世界中から膨大な数のあるサイト群からのデータ抽出ですからかなり速いです。


サーチエンジンはインデックスをする。その情報から判断してランキング作成を実行するため、重要になってくるのはページ自体をサーチエンジンからみて可読性が高く整えておくことだ。



良い内容が書いてあっても、サーチエンジンにとって理解しにくいコンテンツがある場合その内容をグーグルは適切に評価しずらくなってしまう。



サイトをうまく評価されるための施策をインデックス最適化という。 

サイトのランキング化

ランキングとはグーグルのランキングするためのボットロボットがインデックスされたページを分析して、各々のページ検索結果の順位を決めることです。

検索順位はSEOキーワードや膨大な数の様々な要素、コンテンツの関連性から判断比較して最終的に決定される。



検索結果に影響するものとして良質なブログなどのコンテンツやサイトの画像やリンク情報があります。



また、これ以外にも外部的に受ける被リンクの数や質も検索順位に大きな影響を与えるとGoogleは過去に発言しています。

こういったランキング決定要素を元にデータを抽出することをアルゴリズムといいます。

ペンギン・パンダアップデートなどはグーグルのアルゴリズムの改良のことを指している。



その他にも細かな、モバイルインデックスアップデートやサイトスピードに関連したアップデートまで存在します。


それにグーグルはアルゴリズムを定期的に変更しており、指針も変わるためキャッチアップは欠かせない。

グーグルはユーザーにとって1番役立つコンテンツが上位の検索結果に表示されるのがユーザに最もメリットがあるものだとしている。



グーグルのアルゴリズムアップデートは頻繁にある

グーグルはランキング、クローリングや要素インデックスを定期的に改善している。



なぜならば、もっとユーザーにとって役に立つサイトが検索上位結果に表示されてユーザに届けるようにするのがベストだとGoogleの考えは根底にある。

例えば、過度な広告防止するためのページレイアウトのアップデートやクロールとインデックスに関するスピード改善のカフェインアップデートのようなアルゴリズムの改良・改善もされている。



グーグルのビジョンに協賛しつつ、重要なのはどういった目的でアップデートを実施しているのか考えることです。




ユーザファーストの企業ですから今までのアップデートのように改悪されることはないでしょう。

自己流のSEO対策ではなくGoogleに沿ったSEO対策が望ましいですね。



今回は検索エンジンの中身、仕組みを見ていきました。

さらにSEO対策について知りたい方はぜひとも全ての記事を整理したロードマップをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました